ポケットの中にはいつも...

DATE:2009年12月26日


何かとあると便利なナイフ。これを気軽にズボンのポケットに入れておけるのがExtrema Ratioのナイフだ。と言うのはポケットに入れて引っ掛けるクリップの付け根が一番上まで来ているのでポケットに入れた状態では外に出たクリップしか見えないためナイフを持っているとは一見してわからないのだ。今回新製品で出たMF0が入手できたのでこれをポケットに入れることにした。以前からMF2は持っていたがこれを持ち歩くにはちょっとでかすぎる。路上でなにかナイフが必要になったときには大げさすぎるかんがある。たしかに緊急時には十分な刃渡りだし威嚇にも十分なのだが。ただ、MF2のロックシステムや形状からExtrema Ratioでは最も気に入っているフォールディングナイフではあったが。そこで今回出たMF0はそれの小型版なのだ。グリップの大きさが実用最低限の大きさであること、必要十分で最低限の刃渡り。サイズからずっとポケットに入っていたBF1はおよそ半年でお役御免で箱の中に戻されてしまった。

このMF0は刃渡り7cm。グラスブレーカーがつき、ダブルロックのセフティつき。
ブレードとグリップを固定するためのネジはきつく締めると開閉がやりにくいし、緩めるとビスを脱落させる恐れがあるのが普通だがMF0はそのビスの回転を制御するための2重ビスシステムを採用。これで思いの硬さに調整でき容易に片手で開くことができる。これらの装備から手間のかかっているナイフであることがわかる。Extrema Ratioの中でも同じ装備のMFシリーズは価格は高い部類に入る。
特殊部隊と共に生まれたこのExtrema Ratioのナイフがいつも手元にあると言うのは心強い安心感がある。






同じカテゴリー(ナイフ)の記事画像
Extrema Ratio特殊部隊のナイフ〜その2〜
同じカテゴリー(ナイフ)の記事
 Extrema Ratio特殊部隊のナイフ〜その2〜 (2009-03-26 02:51)

写真・動画・文章の無断転載はご遠慮ください。
Posted by Biogon21  Comments(0)  ナイフ

※会員のみコメントを受け付けております、ログインが必要です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。


このページの上にもどる