GLOCK17

DATE:2008年07月07日




Glock17がやってきた。結局Glock17になったのだ。STIを撃ち込んできた自分の手にはグリップアングルが合わずにとまどいがあるモノの世界で最も使われているピストルといっても良いこのグロックをこれからは撃ち込んでいく。
私のタクティカルの師匠にグロックを手に入れたことをはなした。「グロックのグリップアングルは人間の手首の自然な角度に合っている。片手で撃つターゲットピストルのグリップアングルに近い」といわれた。なるほど。
師匠にいつか「最も適した銃は?」と聞いたときに「そこにある銃が最適の銃。愛用の銃がなければ戦えないのでは意味がないからな」といわれたが師匠はGlockを腰にいつも付けている。師匠はGlockを選んだわけだ。
そしてこの銃の最初のオーナーはフランスのIPSCプロダクションのチャンピオン、ステファンがつかっていた。そして、Les7du10のドミニクが次のオーナー。この銃でレディースクラス2位に輝いた。いわばチャンピオンになれる伝説の銃なのだ!?
その伝説を継承することができるのか!?

サイトにはHEINIEが使用されている。





そしてちょっと遊びでPDI製のタクティカルブロックを装着。






マグリリースボタンはロングが使用されている。






写真・動画・文章の無断転載はご遠慮ください。
Posted by Biogon21  Comments(0)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。


このページの上にもどる