WA PROKILLER MarkII SV3.9

DATE:2008年10月27日




この入手の経緯に関してはこちら、ピストル浪漫で見ていただくことにして、ようやく戻ってきました。ここで紹介したかおぼえてないので「戻ってきた」というのはどういうコトかをお話しすると、このプロキラーはコンペセイター状のおもりが先に付きながらフロントサイトはスライドの上という何とももったいないデザインだ。照準線が稼げるだけでなく、スライドと一緒に動かないサイトはサイティングに有利なのだ。
そこで、師匠に加工を施してもらったが、何と間違えて後ろ側に溝を付けてしまった。つまりフロントサイト用の溝が合計で3本になってしまったのだ!
これではあまりにもかわいそうなので友人に頼んで加工してもらうことに。その友人も忙しく気がつくとすでに4ヶ月が経過。週末に持ってきてくれたのです。トリガーバーも香港から取り寄せて実銃同様に調整可能のモノになりフィーリングがますます実銃に近くなりました!
しかし、空撃ちでためすと数発はいいが10発ほど撃つとフルオートになってしまう。このプロキラーはすでにセミオートに改良してありフルオートになるということは作動不良なのだ。どうにか調整しないと。しかしWAのトイガンは見た目は綺麗に出来ているのに、手持ちのトイガン作動不良率100%。どれも大して撃って無いんだけど...
調整と併せてPDI製の6.01バレルも組み込む予定だ!
スリットが無惨にも3つになってさらにかっこわるい(^^; それを今回穴埋めし塗装した。




加工後。これで良いのだ!かっこよくなったぞ。





11月後半にはフランスで唯一のエアガンの祭典が今年も開催される。それに併せて調整も進めないと...
本場IPSCはいよいよワールドシュートが本日から開始だ!!






同じカテゴリー(トイガン)の記事画像
M4対戦!!タニオコバvsWAvs香港!
特殊部隊がタニオコバM4をテスト!?
復活!?ハイキャパ
久しぶりのハイキャパ
タニオコバ M4 その3
タニオコバ M4 その2
同じカテゴリー(トイガン)の記事
 M4対戦!!タニオコバvsWAvs香港! (2010-02-16 05:46)
 特殊部隊がタニオコバM4をテスト!? (2010-01-28 20:35)
 復活!?ハイキャパ (2010-01-23 21:12)
 久しぶりのハイキャパ (2010-01-10 00:18)
 タニオコバ M4 その3 (2009-12-20 00:15)
 タニオコバ M4 その2 (2009-12-11 19:04)

写真・動画・文章の無断転載はご遠慮ください。
Posted by Biogon21  Comments(2)  トイガン

この記事へのコメント
う〜〜ん。。。私のWA1911。それにM1934はどれも快調作動なんですが…なんでしょうねぇ。。。フランスのガス、圧が高いのかな?
それとも、ルブリケーションがあってないか。

12月に、日本でIAPSという世界組織のマッチが開催されることとなりました!Biogon21さんもこちらにお帰りでしたら、参加して欲しいのですが。。。その時は、フランス代表!?
Posted by koz at 2008年10月28日 12:43
そうなんです。調子の悪いWAの銃に出会うと、WA使いのKozさまを思い出します。心がけが悪いのでしょうか?香港ではRシリーズが定番で使われていますから単にガス圧が強いのが問題というわけではないんでしょうけど...何でしょう??

IAPSですか!それはおもしろそうですね!
12月のいつ頃ですか?初旬は多分南米にいます。
後半か、もしくは1月になっちゃうと思います。今回の帰国は...日程が合えば是非!!
Posted by Biogon21 at 2008年10月28日 15:49
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。


このページの上にもどる