Colt 357 Python

DATE:2009年03月07日


22口径のピストルの所持許可書を手に入れたてしまって出会ったColt Diamondbackは前回紹介したとおりだ。
おかげでパイソン熱にとりつかれた。
ここでまずお詫びを。前回のDiamondbackを紹介する時のタイトル、あれは思い違いでパイソンが出てきた回は66話で1979年の放送だ。タイトルが「射殺命令!!」でした。ルパンに対し射殺命令が出される。その暗殺者がパイソンを使うのだ。これを見て強烈にパイソンの洗礼を受けたのだ。2月に日本にいた時に海外からは見れないNiftyのネット配信でその回を何と30年ぶりに見ることが出来た。44口径を撃つことが出来る世界最強の銃、357コルトパイソン。という解説だ。今思えば間抜けな話なのだが...
とは言え、小学生からの夢が30年経って蘇りついに手にしたのだ!


さて、姉妹で揃ったColtちびパイソンとパイソン。見た目にたいした大きさの違いは感じられないがこれを持つと相当違うのだ。
そして仕上げの違い!もうビカビカに磨き上げられている。そのためちょっとでも触れようモノなら指紋が...


さて、ちびパイソンは前回起こった排莢の問題。シリンダーにも問題を抱えているようで調整に出した。
調整を終え、問題の少なかったと言われた弾を用意してもらった。


まだどちらも自宅に持ち帰ったばかりだ。近日中にまた射撃の報告をします。






同じカテゴリー(ハンドガン)の記事画像
45ACP SOCOM
CAA RONI
CZ75コンバットキャリー!?
STI GP6
グロックカービン
南部一四年式
同じカテゴリー(ハンドガン)の記事
 45ACP SOCOM (2011-10-30 22:22)
 CAA RONI (2011-01-23 06:23)
 CZ75コンバットキャリー!? (2010-04-12 21:04)
 STI GP6 (2010-04-02 22:28)
 グロックカービン (2010-03-22 04:39)
 南部一四年式 (2009-09-13 21:31)

写真・動画・文章の無断転載はご遠慮ください。
Posted by Biogon21  Comments(0)  ハンドガン

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。


このページの上にもどる