英国スナイパーライフル

DATE:2009年08月11日


第一次大戦から第二次大戦にかけて英国の各銃メーカーは戦争のために軍に納入する武器を製造した。ここHolland&Hollandの作るエンフィールドは非常に精度が高くスナイパーライフルとして製造され現在でもH&Hのエンフィールドは高値がつくほどだ。

元々エンフィールドは精度が高く、ここフランスでも好んでエンフィールドを使って競技に出るシューターがいるほどだ。このH&Hは高嶺の花だが...

H&Hと言えば前回紹介したニトロエクスプレスを開発したブランドである。現在では700ニトロエクスプレスが最大のライフルとして君臨している。受注生産のため発注するまでそのライフルを見ることは無かったが最近顧客の要望によりデモガンとして1挺完成したのがこれだ。

サイドバイサイド、水平二連銃の大口径ライフルは男の浪漫でありあこがれだ。ビッグハンティングを裏付けるスコープ付はなかなかの迫力だ。

H&Hの顧客にあわせて専用射撃場は空港のすぐ横でヘリポートを備えている。つまり自家用機あるいは自家ヘリコプターで来る顧客が多いと言うことだ。その射撃場のチーフインストラクターから手ほどきをしていただいた。
その前にエイミングの確認。丘を削って鉄板を張りそこはペイントが塗られそれを撃つことで散弾銃の弾の広がりやエイミングの癖などを判断できるというわけだ。そこで散弾の弾道を見た後近づいて10m程からこの壁を撃つ。すると散弾銃が突然危険な武器になることも再確認できるというやり方はなかなか引き締められる思いがして刺激的だった。

ということで名門Holland&Hollandの訪問記は現在好評発売中のファンシューティングVol.09をご覧ください!






同じカテゴリー(Fun Shooting)の記事画像
英国の伝統
同じカテゴリー(Fun Shooting)の記事
 英国の伝統 (2010-04-24 01:43)

写真・動画・文章の無断転載はご遠慮ください。
Posted by Biogon21  Comments(0)  Fun Shooting

※会員のみコメントを受け付けております、ログインが必要です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。


このページの上にもどる