Glockのグリップ感

DATE:2008年09月03日




グロックのグリップの角度に対するSTIからの癖もぬけまだ使い慣れたSTIのようには行かないがかなり不安もなくなってきた。しかしどうしても馴染まないのがグリップだ。形状と質感からどうしても手の中で滑る。IPSCのプロダクションディビジョンにのルールから今日本ではやっているようなグリップの加工は一切できない。かといってこのままでは射撃がだめになっていく。ほとんどのグロックIPSCシューターはスケボーの滑り止めテープを切って貼っている。手元のH&K Mark23 SOCOMに付けていたホーグのスリーブを思い出しそれを取り付けてみた。このスリーブにも、本体にもフィンガーレストがあるのでこれが大きくなりすぎないか心配だったが付けてみて納得した。ちょうどより再度のふくらみもありもうその握った感覚はグロックではない。しっくりと手に馴染むグリップ。無駄な力を入れずに保持できる。STIに比べ非常に軽量なグロックは射撃の際、コントロールするのに必要以上に神経を使う。つまり、STIのような1kgを若干超えるような銃ならばその重量で射撃前の手の振動や動きを抑えてくれる市、リコイルに対してもその重さが押さえてくれるがグロックはそうはいかない。軽い分ちょっとした腕や体の動きがそのまま射撃に影響する。だからこそグリップは非常に大事なのだ。これで間違いなくスピードとアキュラシーは上がったはずだ。これで上がらなければ本当にグロックとの相性が悪いという証拠だ...






同じカテゴリー(ハンドガン)の記事画像
45ACP SOCOM
CAA RONI
CZ75コンバットキャリー!?
STI GP6
グロックカービン
南部一四年式
同じカテゴリー(ハンドガン)の記事
 45ACP SOCOM (2011-10-30 22:22)
 CAA RONI (2011-01-23 06:23)
 CZ75コンバットキャリー!? (2010-04-12 21:04)
 STI GP6 (2010-04-02 22:28)
 グロックカービン (2010-03-22 04:39)
 南部一四年式 (2009-09-13 21:31)

写真・動画・文章の無断転載はご遠慮ください。
Posted by Biogon21  Comments(1)  ハンドガン

この記事へのコメント
自己レスです。
本日射撃訓練に出かけると、このグリップスリーブはプロダクションディビジョンでは規定違反で使用できないとのことでした。
滑り止めのテープはかまわないのにこれはだめだそうです。
プロダクションディビジョン初心者のため知りませんでした。
失礼いたしましたm(_ _)m
Posted by Biogon21 at 2008年09月06日 05:42
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。


このページの上にもどる